②マンホールトイレ

 

マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン

マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン
 
マンホールトイレとは?
マンホールトイレは、災害時に下水道管路にあるマンホールの上に簡易なトイレ設備を設け、使用するものです。
備蓄が容易な災害用トイレとして貴重な存在です。
 
 
マンホール利用イメージ
(マンホール利用イメージ 画像提供:(株)総合サービス)
 
排泄物をマンホール経由で直接下水道に流すことで、バキューム回収といった処分を省きトイレの衛生管理もスムーズです。
   
特徴
・備蓄が容易で、日常使用しているトイレに近い環境を迅速に確保できる
・し尿を下水道管路に流下させることができるため衛生的であり、臭気、し尿拭き取りが軽減される
・入口の段差を最小限にすることができるため、要配慮者が使用しやすい
 
「マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン 概要版」国土交通省 資料引用
 
マンホールトイレ必要数の算定法
 
 
マンホールトイレの必要数の算定等
「マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン 概要版」国土交通省 資料引用して内容を作図
 
算定した内容 表の例
「マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン 概要版」国土交通省 資料引用
   
快適なトイレ環境の確保に配慮することが望ましい事項
被災者にマンホールトイレを安心して使用してもらうためには、計画時に「安全・安心面」、「要配慮者」、「衛生面」への配慮を検討する必要があります。
 
 
安全・安心面の配慮①
 
安全・安心面の配慮②
 
安全・安心面への配慮③
 
安全・安心面への配慮④
 
要配慮者への配慮
 
衛生面への配慮
   
「マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン 概要版」国土交通省 資料引用
 
   
事前準備と訓練
・住民自身で、組立から使用・維持管理までを担えるよう、毎年の防災訓練の際にマンホールトイレの設置訓練を実施することが大切です。
・マンホールトイレの役割や設置場所、使用・維持管理方法について、看板やマニュアルポスター、DVD、インターネット上の動画等を活用し、広報する必要があります。
 
訓練の主な内容として以下の4つが挙げられます。
①使用可否の判断の訓練
②組み立て訓練
③設備の劣化状況等の把握
④掃除方法や頻度の確認
 
「マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン 概要版」国土交通省 資料引用
 

キンパイよりご提案のマンホールトイレ

キンパイよりご提案のマンホールトイレ
 
マンホールトイレセット
・トイレ台座2種
(マンホール直結誘導式/マンホール直結簡易水洗式)
・トイレハウス2種
(健常者用/車いす対応用)
 
 
男子小便器用トイレセット
・便器2種(一体成型小便器/折り畳み式小便器)
   
トイレハウスの組み立て方法
   
マンホールトイレカタログ
サニタクリーン災害対策用マンホールトイレ ( 2020-01-14 ・ 4550KB )
カタログご参照ください。不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
【日本トイレ大賞(防災担当大臣賞)受賞 商品】
   
資料提供 (株)総合サービス
   
※無断転載禁止
   
お電話でのお問い合わせはこちらまで
 06-6396-6451 まで
<<キンパイ商事株式会社>> 〒532-0004 本社:大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目1番3号SORA新大阪21・1401室 TEL:06-6396-6451 FAX:06-6396-6457